• Tomi

Veganのこと。 -2-


4月。

状況は日々刻々と変化して、不安な日々が続いていますね。


先月のブログでは

全然へっちゃらで〜す、なんて言ってましたが、そんな悠長なこと言ってられない状態に。




そんな中、今日からお店を再開しています。


ですが、不要不急の外出は控えた方が絶対に良いです。

ただ、ストレスも溜めすぎないよう気をつけなければいけません。


なので、中間をとって、テイクアウトのみ、短めの営業時間、の対応でしばらく様子を見てみます。

店舗内はこまめに換気したり次亜塩素酸で消毒したりします。

また、県内の感染状況によっては休業する可能性もあります。


うちは、お客さんが少なくても今のところはまだ大丈夫ですので、皆さま無理をなさらず!







さて、本日のお題は、前回のビーガンのお話第二弾。



よく、何を使ってるの?


と聞かれることが多いので、

今日は、スコーンのレシピとともに、素材の紹介もしてみたいと思います☆


材料はとってもシンプル!

週末、ぜひ作ってお家カフェ楽しんでくださいね!






まず、常に必要なのは、


DRY・WET


この2つの考え方です。



その名の通りなのですが、


DRY→小麦粉や米粉、お砂糖など。


WET→豆乳、お水、油など。

これは、牛乳・生クリーム・卵など液体の代替品、という考え方です。

油分は、バターの代わりに

菜種油・グレープシードオイル・ココナッツオイルなどを使用します。




お菓子を作る時は、

通常のレシピのバターや牛乳の部分をビーガン素材に変える。

というのが第一段階。



これは結構簡単です。




次に、「固める」という作業が第二段階。


特に、卵の熱でかたまる作用や、ゼラチン、泡立てた生クリームなどを再現するのが少し難しいです。


焼き菓子ならベーキングパウダー、クリーム感のあるものは葛粉や片栗粉を入れたり、豆乳の代わりにお豆腐を使ったり。


また、素材によってはお砂糖←→メープルシロップで水分量を調節したりします。




そして、動物性の特徴である

「コク」みたいなものを出すという作業が第三段階。


これは、油の種類を変えてみたり、何種類かの糖をミックスしてみる、スパイスを組み合わせる、何かの隠し味を入れてみる、、、、などなど。

ちょっと実験みたいで面白いですよ!



一度試作品を作ってみて、出来上がったものに、足りない何かを補っていく。

という感じで、2回ぐらい作ってみるとうまくいくハズです!





さて!前置きが長くなりましたが、実際に作ってみましょう!




プレーンスコーン(約6個分)


[DRY]

小麦粉230g

てん菜糖50g

塩 ひとつまみ

アルミニウムフリーベーキングパウダー 小さじ1


[WET]

グレープシードオイル60g

豆乳70g


作り方

①DRY・WETをそれぞれ計量してまぜる


②DRYとWETをヘラでさっくり混ぜ合わせる


③2回くらい生地を折りたたむようにしてまとめる


④6等分して、180度のオープンで30分くらい焼く


生地の水分量や焼き時間は、お使いの材料・オーブンによって調整してください。




このレシピは、プレーンの、ただ甘くてサクサクしたスコーンです。


普段はお店ではクセのないグレープシードオイルを使うことが多いですが、

菜種油に変えると、グッとコクが出ます!

菜種油は、こちらの横浜町産の無農薬菜種のオイルが美味しいですよ。




また、オリーブオイルに変え、お砂糖を半量に、塩をちょっと多めにしてナッツなどを入れれば、お食事スコーンにもなります。





お砂糖は、マイルドな甘さのてんさい糖がオススメです。

お店ではいつもこちらの北海道産のてんさい糖を使用しています。







豆乳は成分無調整のものがオススメです。

こちらはそのまま飲んでも豆乳のクセが少なくて、お料理にもよく合いますよ〜。

しかも、有機大豆です!





粉も、全粒粉に変えたり、地粉を使ってみたり、色々とアレンジしてみて下さいね〜!


焼きたてのスコーンは、格別に美味しいです!





そして、一部の素材は、お店でも量り売りを実施しています。


来店の際は、ぜひ見てみて下さい!





では、


Enjoy staying at home !!

167回の閲覧

©︎2019​ 自遊木民族珈琲 jiyubokuminzokucoffee

青森県上北郡野辺地町字家ノ上90

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • w-facebook