チョコレートのような甘苦さ、
オレンジのような爽やかな後味
口当たりが優しいコーヒー

ラオス南部のボラベン高原は、ラオスにおける一大コーヒー栽培地域。

古くからコーヒー栽培が盛んで専業農家も多く、海外企業の進出も増えてきています。

 

ティピカはコーヒーの原種に近い希少な品種で、ラオスでも多く栽培されてきたという歴史があります。

 近年、品質や栽培方法にこだわるよりも生産効率を重視しする傾向が強くなり、収量が少ないティピカ種の樹はほとんどが切りたおされてしまいました。

 

そんな中、ティピカを守ろうと活動されている生産者協同組合があります。

国際相場に左右されない高品質のコーヒーをつくるためには、その土地にあった品種を残していくことも大切です。
その支援のためのコーヒーが届きました。

手から手へ。

失われていく”ティピカ種”を次世代につなぐコーヒーです。

甘み ★★★★☆
コク ★★★☆☆
酸味 ★☆☆☆☆

【生産地】ラオス南部 ボラベン高原 セタプン村(標高1200~1400m)

【精製】水洗式
【焙煎】中深煎り
【品種】ティピカ
◯栽培 : 農薬化学肥料不使用

ラオス ボラベンティピカ セタプン  100g

¥890価格
挽き方
  • 品名-レギュラーコーヒー

    内容量-100g

    挽き方-選択してください

    焙煎度合-中深煎り

    賞味期限-開封後1ヶ月

    保存期限-6ヶ月

    焙煎日-2020年6月11日

    保存方法-直射日光、高温多湿を避けて保存

    販売者-自遊木民族珈琲

       039-3178 青森県上北郡野辺地町字家ノ上90

  • 送料込みの値段です。

    他商品との同梱の場合、総重量299gまではクリックポストでの発送となります。こちらはポストへの投函になります。追跡サービスはありますが、配達中の事故などによる内容物の損害賠償はありません。

    300g以上の場合は、レターパックプラスでの発送です。こちらは、追跡サービスあり、対面手渡しです。

©︎2019​ 自遊木民族珈琲 jiyubokuminzokucoffee

青森県上北郡野辺地町字家ノ上90

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • w-facebook